オシドリ

こんにちは
 
アルパカマンですhappy01
 
すっかり暖かくなってきましたねsun
この暑すぎず、寒すぎずという季節は
動物園ariesが人気ですよねsign01
 
遠足でこの時期行くところも多いのではないでしょうかsign02


そこでアルパカマンとしてはひとつ動物についてのなるほど
エピソードを教えちゃいますscissors
 
諸説なのであしからず、、、confident
 
 
みなさん「オシドリ夫婦」という言葉聞いた事ありますかsign02
 
そう、あの50円切手に描かれている取りがオシドリchickです。
 
オシドリ夫婦という言葉は簡単に言うと仲の良い夫婦という
意味合いですが、実はオシドリ自体はメスが卵を産むとオスは
他のメスを求めてどこかへ行ってしまうという生き物なんですeyesign03


ではなぜオシドリ夫婦という言葉が出来たのかflair
 
『一つの説ではありますが、昔中国にある暴君がいました。
 
その暴君はある夫婦の嫁の事をとても気に入ってしまい
ました。


暴君はその嫁を手に入れる為に夫に罪を無理やりきせ
牢獄に送りこんで、その嫁を自分のものにしてしまうのです
牢獄の中で絶望を感じた夫は自ら命を絶ちました
 
その事を知り嫁も自ら命を絶ちました
その時に夫と一緒のお墓に入れて下さい
という書置きがあったのです
 
民衆は2人に深く同情しましたが、これに怒った暴君は、
2人の墓をわざと向かい合わせにつくり、
「もし墓を1つに合わせられるなら、やってみるがよかろう」
 と言い放ったのです。


「そんなことができるわけがない」と見こしたうえでの嫌味でした。
 
ところが、一晩でたちまち木がそれぞれの墓から生えてきました。
その2つの木は枝がつながり、根が一つにからまりました。
その木によって、2人の墓は2つに合わさったのです。
 
そしてこの木の枝の上にはつがいのオシドリが棲みつき、
1日中悲しげに鳴いたそうです。』

 
 
これがオシドリ夫婦ですsign01
信じる信じないかはあなた次第ですsign01

この記事について

このページは、KindsServiceが2013年5月27日 09:05に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「花々」です。

次の記事は「ベタ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.3.7