2008年3月アーカイブ

祝日を子供とすごしたパパ

最近、『アンパンマンのテーマ』の歌唱力に磨きがかかって参りました。
久々の登場のKAです。


先日の祝日に東京ドームシティー内にあるおもちゃ王国に行ってまいりました。

子供にせがまれ、お昼から3時間みっちりとプラレール、ブロックその他のおもちゃで
一生懸命遊んできました。
burokku.jpg


初めの30分位は私もプラレールでレールを作り、電車を走らせ、気がつくと子供そっちのけで没頭。。。
purare-ru1.jpg
purare-ru2.jpg

楽しかったのですが。。。

嫁さんの一括で我に帰り。。。

その直後、突然に睡魔が襲ってきて、意識が朦朧としてきました。
嫁さん恐るべし。。。

で、子供から目を離すことは出来ないし。。。

プラレールで遊びたいし。。。


周りのお父さん、お母さんを見てみるとすでに寝ている人、読書をしている人様々。
ちょっと目を離しすぎている人が多いのにびっくり&人事ながらすごく心配になりました。


私も含めて、世のお父さんお母さんは、仕事に家庭に大活躍でお疲れモードが見え隠れするひと時があるようです。。。

その後、子供がUFOキャッチャーのぬいぐるみを欲しがるので、トライ!

・・・300円であきらめました。早っ!
ちなみに、同僚のYON様は、せがまれると取れるまで何千円でもつぎ込むそうです。


並んでいた次の家族が「ちょっと待っててね」と一言。そして1000円ほどでぬいぐるみをGET!

な、なんと「これあげる」と女の子がぬいぐるみをくれました。

私の子供の為に取ってくれたみたいで、本当に感謝です。そしてありがとうございます。

満面の笑みで家に帰ることが出来ました。


また、行こうかな。。。

カンボジア2日目 感動の完結

カンボジアのH・Sです。
第5段、アンコールワットの完結編をどうぞ!

2日目。アンコールワット内のサルの神「ハヌマーン」の彫刻。
kanbojia007.jpg
アンコールワットの長い回廊の壁には、叙事詩を綴った彫刻が一面にあります。「すごい」の一言です。


kanbojia012.jpg
宙に浮くカンボジアのH・S。。。そういうオーラで満ちている場所。

kanbojia002.jpg
アンコールワットのあるアンコールトム(公園)内にて「気になる木」発見。
強烈な日差しの中、唯一の日陰で休息を取るトゥクトゥクのドライバー達。


感動だけが残る旅の2日目でした。

アンコールワット編。。。完結


次回、3日目の大冒険につづく。

出会いと別れ。大切な思い出。。。

こんにちは蒲田の愛犬家M&Kです。


M&Kは小さい頃から色々な動物さん達と生活を共にしてきました。

初代~4代目まで・・・セキセイインコのピコちゃん(全て同名でした)
5代目・・・すずめのスズちゃん(5羽)
6代目・・・みどりガメのミドリ君
7代目・・・ミニうさぎの次郎長ちゃん(男の子だと思っていたら女の子でした。)

そして☆私の人生の中で一番長く一緒に生活を共にした家族は8代目シーズーのペペちゃん(オス)です。

ペペとの出会いは15年前の夏でした。


八王子でブリーダーをしている知り合いの方に譲って頂いたのですが、ブリーダーの方はとても忙しい方だったので私は電車を乗り継ぎながら八王子へ向かいました。

現地に着き「こんにちは、本日ワンちゃんを譲って頂ける事になっていましたM&Kです♪」

「は~い!ちょっとその子達と遊んで待ってて~」と奥から声が聞こえてきました。

ふと玄関からリビングに目をむけると成犬のシーズー2匹、赤ちゃんシーズー2匹でした。

「おじゃましま~す♪」

と、リビングに上がった瞬間・・・顔が真っ黒の赤ちゃんシーズー1匹がM&Kの元に走ってきました。


その子は本当に顔の毛が黒く目がどこにあるのか分らない程の子でした。


とりあえず、そばに寄って来た黒顔シーズーの赤ちゃんを抱っこして遊んでいると向こうの方で遊んでいた、もう一匹の赤ちゃんシーズーに目が行き、あの子の方が茶色い毛並みでかわいい顔してる~♪

きっとどちらかを選ばせてくれるのかな?と一人で考えていると・・・


「今日から一緒に暮らすのはその子だよ~!!」

エッ!!どっち!!と心の中で思いつつ・・・
「この子ですか?」と指をさしました。

「そうなのよ~茶色い子は女の子だし今、風邪ぎみでね~」とブリーダーさん


もう、皆さんもお分かりですよね(*^_^*)v

そうなんです!!真っ黒顔のシーズーの赤ちゃんだった子が我が家のペペちゃんだったのです。

今思えばあの時、M&Kのそばに駆け寄ってきたのには縁があって神様が引き合わせてくれたものと思います。

osumasi.jpg
↑おすまし顔★

kusyaojisann.jpg
↑クシャおじさん(笑)


出会ってから兄弟の様に出掛ける時も、寝る時も、遊ぶ時も何をするにも一緒だったペペちゃんも去年の7月15日に老衰の為、天国に行ってしまいました。

亡くなる直前には白内障の為、視力もほとんど無く、耳も聞こえない状態だったのに最後までオムツなどもせずヨチヨチ歩きながらでも決まった場所でトイレを済ませる本当に手の掛からないとても良い子でした。


いつかはこうゆう時が来るとは覚悟はしていましたが本当に来てしまうと、とても悲しく涙が止まりませんでした。

亡くなった時期が夏という事もあり次の日に家族全員、親戚も含め7人でペペのお葬式をお寺でしました。
葬儀内容は人間と変わらず喪主をたて、お坊さんにお経を唱えて頂き、最後のお別れの時はお花や普段着ていた洋服やご飯お水を一緒に棺桶に入れてあげたり、火葬後にはお骨を二人づつ拾ったりとまったく同じ流れでした。

お寺の係りの方が親切丁寧に、どの部分のお骨なのかを説明しながら骨壷に入れてくれている時に急に係りの方の手が止まりました。
「ここの部分の骨がこんなにきれいに残っているのは、この歳の子には珍しいよ。だいたい年老いた子は人間と同じで色々な病気の薬などで骨が弱くなっていたりするんだよ。これはペペちゃんから家族の方への感謝の贈り物だよ。」と見せてくれたのは


【喉仏】でした。


ちゃんとお釈迦様の形をしていました。


現在ペペは横浜のお寺で眠っています。


お別れしたのは、とても悲しかったですが今はペペに「今までお疲れさま。長生きして家族に幸せと思い出をありがとう。いつまでも忘れないからね!」と言いたいです。


今でも家の中はペペの写真でいっぱいです。


otoutoto.jpg
↑弟と一緒の寝方(笑)


neru_makura.jpg
↑寝る時は必ず枕を使います(笑)


ぺぺ。。。安らかに。。。。。

おなかでOK

《派遣の必殺仕事人の安心》

ご無沙汰です、孤独の営業マンOKです!
半年ぶりの登場ですなぁ。

最近、社内のごくごく一部の女性陣からメタボ、メタボって言われて・・・
同じようなことを言われてる方々!めげずにがんばりやしょ!
komi_hara.jpg


そんなメタボの原因になってる美味しい立飲み屋さんが
会社の近くにあるのは罪だなぁ~

髭のマスターがその日作ってくれる料理が最高です!
元々フレンチのコックさんをしてたらしく、
立飲み屋さんらしからぬ盛り方をしてくれたり、何となくおしゃれ~

だけど・・・常連さんは下町ならではの人たちばかりで・・・ホッとできる
みたいな・・・

それじゃ、今日も行ってきま~す!

=== おわり ===

お仕事を探したくなったら、いつでも声をおかけ下さいネ。/

このアーカイブについて

このページには、2008年3月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年2月です。

次のアーカイブは2008年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.3.3